くどう大輔発言録

平成21年2月定例会 本会議

(2009年03月25日)

〇議長(渡辺幸貫君)

次に、日程第35、議案第23号から日程第53、請願陳情までを一括議題といたします。

各案件に関し、委員長の報告を求めます。工藤総務委員長。

〇総務委員長(工藤大輔君)

去る3月4日、7日及び19日の本会議におきまして、当総務委員会に付託されました議案15件のうち、さきに決定いたしました4件を除く11件及びさきに付託を受けました請願陳情2件につきまして、3月23日、委員会を開き、慎重審査いたしましたので、その経過と結果につきまして御報告申し上げます。

初めに、議案第23号岩手県の事務を市町村が処理することとする事務処理の特例に関する条例の一部を改正する条例でありますが、これは、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第9条第1項の鳥獣の捕獲等の許可に係る事務を新たに大槌町等が処理することとする等、所要の改正をしようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、議案第24号地方独立行政法人法施行条例の一部を改正する条例でありますが、これは、岩手県地方独立行政法人評価委員会の庶務を総合政策部から総務部に移管しようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、議案第25号特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例でありますが、これは、諸般の情勢にかんがみ、知事及び副知事の平成21年4月に支給されるべき給料を減額しようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、議案第28号岩手県産業廃棄物税条例の一部を改正する条例でありますが、これは、この条例の施行後5年後を目途として、岩手県産業廃棄物税条例の施行状況について検討を加えることとしようとするもののであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、議案第36号特定非営利活動法人の設立の手続等に関する条例の一部を改正する条例でありますが、これは、特定非営利活動促進法の一部改正に伴い、社員総会における表決の電磁的方法について定めるとともに、あわせて所要の改正をしようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、議案第41号市町村立学校職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例でありますが、これは、市町村立学校の副校長について適用される給料表を定め及び義務教育等教員特別手当を支給対象とするとともに、学校給食法の一部改正に伴い所要の整備をしようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、議案第42号北上市と奥州市の境界変更に関し議決を求めることについてでありますが、これは、土地改良事業の施行に伴い、北上市と奥州市の境界を変更しようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、議案第43号全国自治宝くじ事務協議会への岡山市の加入並びにこれに伴う全国自治宝くじ事務協議会規約の一部を変更することの協議に関し議決を求めることについてでありますが、これは、全国自治宝くじ事務協議会に岡山市を加え、並びにこれに伴い同協議会規約の一部を変更することについて関係地方公共団体と協議しようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、議案第44号包括外部監査契約の締結に関し議決を求めることについてでありますが、これは、包括外部監査契約を締結しようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

なお、審査の過程におきましては、包括外部監査人の選定基準及び選定経過について質疑が交わされたところであります。

次に、議案第77号平成20年度岩手県一般会計補正予算(第7号)中、第1条第1項、同条第2項第1表中、歳入についてでありますが、これは、国からの交付金を活用し、医療局に対する患者受診環境改善のための設備整備費補助に要する経費について、3、249万円を補正しようとするものであり、採決の結果、多数をもって原案を否とすることに決定いたしました。

なお、審査の過程におきましては、患者等の足の確保という点では異存はないが、今回の予算案が地域との十分な協議、運行形態の十分な検討等を踏まえたものとは言いがたく、今後設置される医療圏ごとの懇談会において具体的な検討をし、必要な場合は新年度の補正での対応も検討すべきであることから議案には反対との意見や、4月からの方向性が示された現状において、患者等の足の確保は必要な措置であり、国の制度を活用した整備を図りつつ、その運用に当たっては十分な地域での協議を踏まえることとして議案には賛成との意見などがあり、また、マイクロバス送迎の対象範囲、運行計画等、マイクロバス購入以外の代替手段の検討、新年度補正での対応の可能性、地域での具体的な協議を踏まえた結果としてバスの仕様変更が生じた際の調整の可否等について質疑が交わされたところであります。

次に、議案第79号平成21年度岩手県一般会計補正予算(第1号)中、第1条第1項、同条第2項第1表中、歳入についてでありますが、これは、二次医療圏単位の協議機関の運営経費として、地域医療に関する懇談会運営費及び県立病院等事業会計への県立病院等空き病床利用促進支援事業費補助に要する経費について、908万4、000円を補正しようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

なお、審査の過程におきましては、懇談会設置の時期的な見通しについて質疑が交わされたところであります。

次に、請願陳情についてでありますが、受理番号第59号地域公共交通維持・確保に向けた請願外1件につきましては、お手元に配付されております請願陳情審査報告書のとおり決定いたしました。

なお、継続審査と決定いたしました1件につきましては、別途、議長に対し、閉会中の継続審査の申し出をいたしておりますので、御了承願います。

なお、さきに継続調査と議決されておりました県警察における若手警察官の育成状況等につきましては、現地調査を行った後、調査を終了いたしておりますことを申し添えます。

以上をもって報告を終わります。(拍手)