くどう大輔発言録

平成19年12月定例会 本会議

(2007年12月12日)

〇総務委員長(工藤大輔君)

去る12月7日の本会議におきまして、当総務委員会に付託されました議案7件につきまして、12月10日、委員会を開き、慎重審査いたしましたので、その経過と結果につきまして御報告いたします。

議案第1号平成19年度岩手県一般会計補正予算(第5号)中、第1条第1表債務負担行為補正のうち、1追加についてでありますが、これは、指定管理者による公会堂管理運営業務及び放置車両確認事務委託の2件を新たに追加し、その期間及び限度額を定めようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、議案第3号岩手県の事務を市町村が処理することとする事務処理の特例に関する条例の一部を改正する条例でありますが、これは、地方自治法の規定に基づき盛岡市が中核市に移行することに伴い、所要の改正をしようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、議案第4号企業立地の促進等のための集積区域における県税の課税免除に関する条例でありますが、これは、企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第15条第2項に規定する承認企業立地計画に従って同法第20条の規定により定められた特定事業のための施設を同法第9条第1項の同意基本計画において定められた集積区域内に設置した事業者に対する県税の課税免除に関し必要な事項を定めるとともに、あわせて所要の整備をしようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

なお、審査の過程におきましては、対象施設の取得価額の設定など制度の概要、市町村の条例との関係等について、質疑が交わされたところであります。

次に、議案第19号岩手県公会堂の指定管理者を指定することに関し議決を求めることについてでありますが、これは、岩手県公会堂の指定管理者を指定しようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、議案第20号平庭高原体験学習館の指定管理者を指定することに関し議決を求めることについて及び議案第21号平庭高原自然交流館の指定管理者を指定することに関し議決を求めることについてでありますが、これらは、それぞれの公の施設の指定管理者を指定しようとするものであり、いずれも原案を可とすることに決定いたしました。

なお、以上2件の審査の過程におきましては、今後の県の支援策、施設の設置による地域への波及効果等について、質疑が交わされたところであります。

次に、議案第22号当せん金付証票の発売に関し議決を求めることについてでありますが、これは、公共事業等の財源に充てるため、全国自治宝くじ及び関東・中部・東北自治宝くじを発売しようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、閉会中の継続調査についてでありますが、平成20年度地方財政対策による本県財政の見通しについて、引き続き意見交換等を行うこととし、別途、議長に対し、申し出をいたしておりますので、御了承願います。

以上をもって報告を終わります。(拍手)