くどう大輔発言録

平成19年9月定例会 本会議

(2007年10月12日)

〇総務委員長(工藤大輔君)

去る10月9日の本会議におきまして、当総務委員会に付託されました議案7件につきまして、10月10日、委員会を開き、慎重審査いたしましたので、その経過と結果につきまして御報告いたします。

議案第1号平成19年度岩手県一般会計補正予算(第4号)中、第1条第1項、同条第2項第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入各款、歳出第1款議会費、第2款総務費、第9款警察費及び第12款公債費、第2条第2表債務負担行為補正のうち、1追加中4並びに第3条地方債の補正についてでありますが、これは、国庫補助事業の決定等に伴い、事業費に追加及び変更を要するもの等、事業執行上、今回計上を要するものについて、総額で19億3、208万6、000円を補正しようとするものであります。

第1条第2項第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入の主なものは、第14款諸収入15億537万円、第15款県債5億7、500万円のそれぞれの増、及び第9款国庫支出金2億4、441万6、000円の減等であります。

歳出の主なものは、第1款議会費においては、管理運営費15万9、000円の減であり、第2款総務費においては、公務災害補償費1、023万2、000円、第71回国民体育大会開催準備費178万7、000円のそれぞれの増及び生活統計調査費244万9、000円、経済統計調査費402万8、000円のそれぞれの減等であり、第9款警察費においては、警察行政運営費1、304万3、000円の増及び車両購入費334万9、000円の減等であり、第12款公債費においては、県債償還元金8億1、030万1、000円の増であります。

第2条第2表債務負担行為補正のうち、1追加中4地方債証券の共同発行によって生ずる連帯債務については、その期間及び限度額を定めようとするものであります。

第3条地方債の補正は、漁港漁場整備事業ほか4事業の限度額及び起債の方法を変更しようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

なお、審査の過程におきましては、公共工事の入札残が生じた場合の予算の有効活用、地方債証券の共同発行の今後の方針等について、質疑が交わされたところであります。

次に、議案第14号公益信託の引受けの許可及び監督に関する条例の一部を改正する条例でありますが、これは、信託法の一部改正に伴い所要の整備をしようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

次に、議案第15号職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例でありますが、これは、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部改正に伴い、育児短時間勤務の制度に関し必要な事項を定める等、所要の整備をしようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

なお、審査の過程におきましては、条例改正に伴い該当となる職員数、県予算に与える影響、職場のサポート体制、民間の育児休業の実態把握等について、質疑が交わされたところであります。

次に、議案第16号職員の自己啓発等休業に関する条例でありますが、これは、地方公務員法の規定に基づき、職員の自己啓発等休業に関し必要な事項を定めようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

なお、審査の過程におきましては、休業の承認手続、派遣枠、休業中及び復職後の処遇等について、質疑が交わされたところであります。

次に、議案第18号岩手県公安委員会の管理に属する事務手数料条例の一部を改正する条例でありますが、これは、道路交通法の一部改正に伴い所要の整備をしようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

なお、審査の過程におきましては、パーキングチケットの発給手数料収入、県内の商店街へのパーキングチケットの設置等について、質疑が交わされたところであります。

次に、議案第19号いわて体験交流施設条例でありますが、これは、県民の自然環境及び文化に対する理解を深め、並びに県民の保健及び休養に資するため、いわて体験交流施設を設置しようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

なお、審査の過程におきましては、施設の経営形態、具体的な収支計画、当該施設を核とした県北振興策について、質疑が交わされたところであります。

次に、議案第30号岩手県土地開発公社定款の一部の変更に関し議決を求めることについてでありますが、これは、岩手県土地開発公社定款の一部を変更しようとするものであり、原案を可とすることに決定いたしました。

なお、さきに継続調査と議決されておりました、政策評価結果(平成18年度分)について及び地域公共交通についてにつきましては、県当局から説明を受け、質疑、意見交換を行った後、調査を終了いたしておりますことを申し添えます。

以上をもって報告を終わります。(拍手)